資料一覧:ケーピーエスのForce.com研修
会社に帰ってからすぐに開発に取り組める、実践的なカリキュラム、
御社で今すぐクラウドビジネスを!
2011年6月で1周年を迎えました!受講者は述べ200人を突破!満足度86%!




資料一覧:ケーピーエスのForce.com研修

ページ
オリジナルページ
大項目
中項目
小項目
内容
これでSalesforceでの帳票開発も楽々しかも無料 Reports Connect for Salseforce オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモpdfこれでSalesforceでの帳票開発も楽々しかも無料 Reports Connect for Salseforce今回の記事で作成したjrxmlファイルは↓からダウンロードできます。report1.jrxml2012年11月01日、 Reports Connect for Salseforceのフリー版がダウンロード可能になりました。Reports Connect for Salseforceなにしろ、force.com環境からきちっとした帳票を出そうとすると、至難の業で、このブログでも過去に開発方法を
これでSalesforceでの帳票開発も楽々しかも無料 Reports Connect for Salseforce その2 オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモpdfこれでSalesforceでの帳票開発も楽々しかも無料 Reports Connect for Salseforce その2これでSalesforceでの帳票開発も楽々しかも無料 Reports Connect for Salseforceの続きです。前回の記事で、force.com上の帳票の画面からiReportのDataSourceを出力できました。今回はそのDataSourceをiReportから取り込むところから始めます。前回の繰り返しになりますが、ReportsConnectの帳票を使用する際に
これでSalesforceでの帳票開発も楽々しかも無料 Reports Connect for Salseforce その3 オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモpdfこれでSalesforceでの帳票開発も楽々しかも無料 Reports Connect for Salseforce その3これでSalesforceでの帳票開発も楽々しかも無料 Reports Connect for Salseforce その2の続きです。前回の記事で、帳票レイアウトファイルreport1.jrxmlが出来上がったので、これをReportsConnectの帳票に取り込みます。やり方は簡単。Salesforceの帳票レコード画面から、該当の帳票レコードにファイル添付するだけ。こんな感じで
Reports Connect for Salesforce アプリケーションへの組込み方法 オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモapexReports Connect for Salesforce アプリケーションへの組込み方法前回までの記事で、Reports Connect for Salesforceでの帳票開発方法に関して解説しました。今回は、出来上がった帳票を、実際のアプリケーションに組込むテクニックに関して解説します。方法1:RPConnectコンポーネントを使用するReportsConnectのパッケージにはRPConnectというコンポーネントが含まれています。これは、印刷ボタンを提供するコンポーネントになっていますので、ま
Reports Connect for Salesforce ユーザー外字、IPAmjフォントの使用法 オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモpdfReports Connect for Salesforce ユーザー外字、IPAmjフォントの使用法今回の記事で作成したjrxmlファイルは↓からダウンロードできます。report1.jrxmlReportsConnect for Salesforceでは、ユーザー外字や、IPAで提供されているIPAmjフォントの一部を使用する事ができます。まずは、ユーザー外字を使用してみましょう。Windowsの外字エディターを使用して外字を作成します。とりあえず、こんな感じのちょっと下手なスマイルマークの文字を作成
Reports Connect for Salesforce:Subreportで複合的な帳票を作成 オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモその他Reports Connect for Salesforce:Subreportで複合的な帳票を作成今回の記事で作成したjrxmlファイルは↓からダウンロードできます。accounts.jrxmlcontacts.jrxmloptunities.jrxmlReports Connect for Salesforceの使い方シリーズも5回目になりました。今回は、Subreportの設定方法に関して解説します。なお、Reports Connect for Salesforceの基本的な使用法に関しては、こちら
無料見積りお申し込み オリジナルページ
技術支援のページ
技術支援無料見積りお申し込みお申し込みからの流れ 無料見積りフォーム
よくある質問 オリジナルページ
技術支援のページ
技術支援よくある質問技術支援について Q01. 技術支援ってどんなことをしてくれるの? Q02. 対応できる言語は? Q03. 出張研修ってなに? Q04. 開発案件そのものを依頼することはできますか? 価格について Q05. 支援料金の支払方法はどうなっていますか? サポートについて Q06. サービス開始までにどれくらい時間がかかりますか? Q07. 遠方なのですが見積りはメールでできますか? KPSについて Q08. KPSってどんな会社ですか?
充実のサポート オリジナルページ
技術支援のページ
技術支援サポート出張研修の内容については、研修後の質問メールに無料で回答いたします。 常駐支援の担当を、弊社のサポートチームが支えます。
お客様の声 オリジナルページ
技術支援のページ
技術支援お客様の声「非常に満足」こちらが心配になるようなサービスぶり! 「非常に満足」会社全体として対応して頂けているように感じた
セールスフォース開発サポートならケーピーエス:価格 オリジナルページ
技術支援のページ
技術支援価格
セールスフォース開発サポートならケーピーエス:サービスメニュー オリジナルページ
技術支援のページ
技術支援サービスメニュー設計支援 実装支援 メールサポート ミーティングサポート サンプルプログラム提供 集合研修
セールスフォース、force.com開発のサポート・技術支援ならケーピーエス オリジナルページ
技術支援のページ
トップページHomeForce.comで開発中のIT会社様、このようなお悩みはありませんか? 短期間でForce.com の開発を行いたい Force.com の開発案件を受注したがスキル不足が心配だ やりたい事がForce.com 上で実現可能かわからない Force.com の開発が技術不足でなかなか進まない Force.com と他の開発環境の比較検討をしたい
Force.com研修受講者様へのメルマガを少しだけ公開します オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモその他Force.com研修受講者様へのメルマガを少しだけ公開しますケーピーエスが行っているForce.com研修の受講者様に向けてほぼ月一回のペースで、Force.comに関するマメ知識をお届けするメルマガを発行しています。その内容の中から、厳選したコンテンツを本ブログにて公開いたします! 近日スタートですので、お楽しみに!!
Force.com研修メルマガQ&A集:ファイルのアップロード オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモvisualforceForce.com研修メルマガQ&A集:ファイルのアップロード○ファイルアップロード機能 標準オブジェクトDocumentとして、アップロードされたファイルを登録します。 (今回はCSVファイルをアップロードして検証しました) 以下サンプルコード Visualforceタグの「inputFile」を使うとアップロードボタンができます。   Apexクラス  ・登録
Force.comのSites機能を使用してXMLファイルを出力する オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモSitesForce.comのSites機能を使用してXMLファイルを出力する実は「顧きゃく録」ではSites機能を使用して、siteMap.xmlファイルを生成する機能を持っています。その際に使用したSites機能を使用してXMLファイルを出力するテクニックの例です。[サンプルプログラム:SampleByXml]1.仕様以下のようなユーザーIDを含むリクエストURLに対して、特定のユーザーの所有するカスタムオブジェクトのリストをXMLにて返す。1.1.リクエストURLhttp://サイトのURL/SampleBy
Apex正規表現はJavaと"大体"同じだよ オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモapexApex正規表現はJavaと"大体"同じだよ大体こんな感じのAPIになっていてJavaと大体同じであると分かりました。微妙に違ってるとこもあるのだけれどね。@isTest private class RegExTest { static testMethod void testMatcherMatches() { String regex1 = 'neko inu saru kiji'; String searchStr = 'ne
Force.comのDBでselect * from が出来ないか オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモvisualforceForce.comのDBでselect * from が出来ないかForce.comのDBをsoqlで読んだ場合、selectの後に指定したフィールド以外の得られたオブジェクトのフィールドにアクセスしようとすると、以下のエラーで落ちます。SObject row was retrieved via SOQL without querying the requested fieldForce.com研修でもこのエラーについては説明していますが、このエラー、何度見ただろうか。ようは、文字通り、このオブジェクトは
ApexのメソッドにSOAPでアクセスしてみるテスト オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモapexApexのメソッドにSOAPでアクセスしてみるテスト結論から言うとログイン処理に関しては、partnerAPIかEnterpriseAPIを使用しなくてはならないみたい。それかOauth認証でユーザに入力促すのも出来るようです。ここではpartnerAPIを使用してログイン後、自身の公開Apexを呼ぶということをやってみました。ここに公開メソッドの書き方は書いてあります。これと同じAccountPlanを作成。自作のHelloWorldクラスも作成してWSDLを作る。上のサイト通りにApexコードを書くと
RestでForce.comのデータにServletからアクセスするテスト オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモセキュリティRestでForce.comのデータにServletからアクセスするテストこのページのサンプルコードで動かしてみる。まずはTomcat環境の構築です!はじめに概略整理しましょう。このサンプル例ではTomcat上のServletからForce.comへアクセスHttp送信にはApacheのHttpClientライブラリを使用Oauth認証後、Force.com内のデータにアクセスJson形式のデータをJavaのJsonライブラリを使用して取得ということをやっていますね。このページの例はServlet仕様3.
force.com salesforceでのセキュリティー 共有設定のテストについて オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモセキュリティforce.com salesforceでのセキュリティー 共有設定のテストについて前提ロール階層を使用したレコードレベルセキュリティーをテストします。組織のデフォルトで顧客カスタムオブジェクトを非公開これで、システム管理者以外のユーザは自身の所有する顧客レコード以外にアクセスできなくなる。ロール階層(AdminRoleの配下にNormalRoleがある)これで、AdminRoleを付与されたユーザはNormalRoleを付与されたユーザの所有するレコードにアクセスできるように制限が緩和される。ユーザse
ケーピーエスのForce.com研修日程表 オリジナルページ
Force.com研修
お知らせスケジュール2011年6月で1周年を迎えました!受講者は述べ100人を突破!満足度86%!
Apex Transientキーワード オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモapexApex TransientキーワードケーピーエスのForce.com研修でApexのTransientキーワードの件を説明する部分があったのですが、少々内容が専門的すぎるので、次回から割愛するつもりでいます。そこで、とりあえず、こちらのブログの方にポイントを書いておくことにします。まずは、マニュアルで説明されている例。[コントローラークラス]public class ExampleController { DateTime t1; transient DateTime t2;
Apex soqlでリッチテキストエリアのフィールドがNo such columnと言われる オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモapexApex soqlでリッチテキストエリアのフィールドがNo such columnと言われるselect xxx__c from yyy__cというSOQLを発行すると、なぜか、System.QueryException: No such column 'xxx__c' on entity 'yyy__c'. If you are attempting to use a custom field, be sure to append the '__c' after the custom field nam
Force.com Sitesから呼び出されたコントローラーで時刻がGMTになる オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモSitesForce.com Sitesから呼び出されたコントローラーで時刻がGMTになるForce.comのsites機能(最近はSiteforceという体系にまとめられるようですが)を使用すると、salesforceのクラウド環境からインターネットへホームページを公開できます。構築するページは、Force.comの一般と同様、Visualforceページと、Apexのコントローラーで開発することができます。実際にやってみたところ、なぜか、公開したページからアクセスした場合、コントローラー内で時刻を扱うと、GMT
Force.com ApexでUnicode \uxxxx を文字に変換 オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモapexForce.com ApexでUnicode \uxxxx を文字に変換Force.comのApexのコードからFacebookのGraph APIにアクセスしてJSONのデータを入手したところ、日本語の文字がすべて、\uxxxx の形になって返ってくる。たとえば、私の作ったFacebook Page 「東京多摩地区・自転車ガイド」の情報を見ると、こんな感じ。{ "id": "136781559729514", "name": "\u6771\u4eac\u591a\u6469\u5730\u
ApexCode:楽観的排他制御について オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモapexSalesForceで排他制御……? え?!    となる方も居るでしょう。 SalesForceではたしかに排他制御を標準でサポートしています。 ただしそれは標準の画面利用に限り、VisualForce等自分で書いたコード上Updateする場合は効かないようです。 なので、VisualForceでUpdateを利用する場合は、自分で排他制御を組み込む必要があります。 方法としては二通りあり、 1.レコードSelect時に for UPDATE オプションを取り付け、悲観的排他制御を用いる   >Locking Statements 2.Update直前にDB上から対象レコードをSelectし、LastModifyDateと比較を図る。   ※今回はこちらを利用します
VisualForcePDFの改ページについて_1:基本編 オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモvisualforceVisualForcePDFの改ページについて_1:基本編全国三千万…もいるかは分かりませんが、SFDC技術者の皆様、こんにちは。SalesForceを利用したシステム構築をするとき、帳票作成に躓いてはいませんか?実はSalesForce、HTMLをPDFに変換する機能が標準で組み込まれています。とりあえずタグに、「renderAs="pdf"」とつけてみましょう。<普通のVisualForce画面><renderAs="pdf"を設定>わおすごい、何の変哲もないHTMLがいとも簡単
VisualForcePDFの改ページについて_2:ページラッパー制御編 オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモvisualforceVisualForcePDFの改ページについて_2:ページラッパー制御編Creating Professional PDF Documents with CSS and Visualforce※基本的に上記リンクに描いてあることを噛み砕んでいる物です。前回VisualForceの基本構成について解説しました。今回はその続きで1ページ当たりの情報を保持するListについてTipsを書いてみます。同時に最初のページの頭ににヘッダーを付けて、最後のページの最後にフッターをつける方法についてもメモしておきます。ヘ
VisualForcePDFの改ページについて_3:レコード表示制御編 オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモvisualforceVisualForcePDFの改ページについて_3:レコード表示制御編Creating Professional PDF Documents with CSS and Visualforce※基本的に上記リンクに描いてあることを噛み砕んでいる物です。前回は1ページはラッパー表現推奨~という話をしました。今回はデータ表示、レコード表示のテーブルについてかこうと思います。例えばこのような帳票があるとします。これを表現するにはどうしたら良いでしょう。前回指摘した通り、通常手段ではループカウントは利用できません。
VisualForcePDFの改ページについて_4:VisualForce編 オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモvisualforceVisualForcePDFの改ページについて_4:VisualForce編Creating Professional PDF Documents with CSS and Visualforce※基本的に上記リンクに描いてあることを噛み砕んでいる物です。前回はラッパー利用のススメという形で作りの解説をしました。今回はVisualForce作りについてのTipsを書いてみます。VisualForce帳票の構成は概ね以下のようになっています。 
salesforce force.comでのセキュリティー設定基本 オリジナルページ
技術ブログ
顧きゃく録技術メモセキュリティsalesforce force.comでのセキュリティー設定基本前提1.用語の躓きとして、salesforceでのオブジェクトとはRDBのテーブルのことです。  こんな前提もきちんと頭に入れておかないとマニュアル読んでいるうちに  わからなくなってきます。  オブジェクトってORマッパでは行を表したりしますから余計混乱しますが、  RDBに慣れている人にとって、  「オブジェクト」は「テーブル」と読み替えるのは大前提です。  本記事では行のことは「レコード」と表現しています。2.セキュリティー設定に関係